本サイトについて

ブラックバスの釣り方のサイトです。仕掛けやルアー選びノウハウなどを紹介します。このサイトを読み終わったら、きっとあなたのバス釣り経験値はぐーんとアップするでしょう。もうボウズの心配はありませんよ。ブラックバスを釣るのははっきり言って簡単です。釣れない人はこのノウハウをしっっかり読んでください。きっと解決できます。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ブラックバス釣りの道具について

まず道具類から話します。

竿(ロッド)は基本的に初めての方はどんなんでも安いのでもいいと思います。
(こう言うときっと釣りする人は怒るけど・・・)
まあそれでは見かけが悪いからイヤダという人は、せめてルアー釣り用のロッド(ルアー:餌に見せかけたモノ)を買ってください。
大体値段は2000〜ですが、セールで800 円位で買えたりもします。

リールは・・・・とこうやって一つ一つ説明するのは面倒くさいし聞いてる方も疲れちゃいますね。釣具屋に行けばわかりますもん。
ファミリーセットとかで手頃なヤツ一式買うとラクです。

ここからがかなり大事なトコロです!!
まずは糸(ライン)です。
たぶん初めて釣りいく人は船に乗って沖に出て釣りすることはないでしょう。
(多分・・・)
それに大体の釣り人も手軽な陸で基本的に釣ります。

考えてみてください。
そうなると初心者のいく場所(ポイント)は必然的にあらされてバスは馴れてルアーに対し本物の餌かどうか警戒します。
(俗にスレるという)

そんな状況下で太くて黄色やらの蛍光な糸(ライン)をつかってる釣り人(アングラー)がいます(かなりいます)が大抵釣れません。
(時々いるんですが・・・なんで釣れるか自分も知りたい!!)
糸が見えてニセもんのエサってバスも馬鹿じゃないから理解します。

また糸が太いと空気抵抗が多い分、ルアーの飛距離が出ないデメリットもあります。
だからできるだけ細いラインを買いましょう。
思いっきり引っぱたらきれるぐらいでもいいでしょう。

陸じゃあ大体アベレージサイズが30a位でしょうし大丈夫でしょう。

次に針です。バス釣りはハードルアー(硬くて元々針が付いている)とソフトルアー(柔らかくてぷにゅぷにゅしていてミミズみたいでリアルで針が付いていない)での釣りがあり、ソフトルアーのほうが釣り易いのでそちらの釣り方がお勧めです。なのでそのバス釣り用の針を買いましょう。

そして上記に説明したソフトルアー(ワーム)です。

沢山色や種類があります。種類はクラブ、あるいはリングという名前ので長さは●インチと表記されていますが、見た感じが6〜9aくらい、色は明るい系より暗い系の色のほうが自分の中では実績があります。

人それぞれでしょうけど・・・。
(暗いほうがいいという理由はそのほうがシルエットがはっきりバスに見えると聞いたこともあります)

ブラックバスの釣り方

釣りにおいて道具選びくらい重要な事は場所選びです。
当たり前ですが魚がいないところに魚はいません。

場所の選び方はまず
@ 岸(足元あたり)をみてみます。小魚やバスの稚魚、水草があるか
A 出来るだけ変化のある所そほうがいい。

まあこんな所でしょう。
道具のところでソフトルアーを使うことを勧めました。
ソフトルアーをエサにした場合、キャスティングしてルアーが着水して沈んでいく間にバスが食いつくケースがかなり在りますんで注意してください。

あとがき
どうでしたか?初心者が陥る危険があるところを中心にまとめてました。

なかなか釣りの雑誌を買っても書いてないことではなかったでしょうか?

釣りの雑誌は細かいマニアックなことばっかり書いてあるし、入門書は誰でも知っていることしか書いておらず、ちょうど真ん中くらいのことを記載したモノが存在しておらず、なかなかビギナーを抜け出せないって人がたくさんいると思いこのノウハウを作成した次第です。

きっと役立つ内容だったと思います。

このノウハウはメバルやマス、トラウトなど他のルアーフィッシングにも効果がありますんで是非試してください!

ブラックバスの釣り方
ブラックバスの釣り方

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加