転職者、中途採用者の転職理由

転職の理由は前向きにして印象アップ

転職,理由

転職したさい面接で必ず聞かれるのは前の会社を辞めた理由です。

 

どうして必ず辞めた理由を聞かれるのでしょうか。
仮にあなたを採用したとして、前の会社を辞めたときと同じ理由で辞めてしまうことにならないかどうか見極めるためです。

 

たとえばあなたが
「定時通りに帰宅できず勤務時間が長くなり体力的に厳しくなった」
と答えたとしたらどうでしょうか。
定時通りに帰れないのは能力が低いためととられかねません。

 

また、勤務時間が長くなることに不平をもらしています。
新しい会社でも残業が多いようなら、あなたは不適格と判断されるでしょう。

 

ではどんな転職理由なら望ましいのでしょうか。
答えは

転職理由をうしろむきな理由ではなく前向きな理由にすればいい
のです。
たんに定時に帰宅できなかっというのではなく
「仕事の効率的な方法を提案したが上司にうけいれられませんでした。保守的な会社ではなくチャレンジできる環境を求めて転職しました」
と前向きな回答にすれば面接官に好印象をもってもらえるでしょう。