転職者、中途採用者の転職理由

転職の理由で本当のことをいう必要はありません

転職,理由

転職の理由でよく聞かれるのが給与面――働いたわりに給料が安い等ですね。
あとは対人関係――上司と折り合いが悪い等もよく耳にします。

 

そして、転職すると面接官に必ず聞かれるのは前の会社を退職した理由です。
前の会社を辞めた理由を聞いて、自社で採用してもすぐに辞めたりしないのか見極めるためです。

 

ほんとうの退職理由、給与や対人をすなおに口にしたのでは採用される確率は低くなるでしょう。
ネガティブな転職理由を口にするのではなくポジティブな理由にいいかえてみてはどうでしょうか。

 

たとえば上司との折り合いが悪くて退職したのだとしても仲が悪くて嫌気がさしたというふうにいうのではなく、ずっと事務職だったが顧客と直接コンタクトがとれる営業職に配置転換を願ったが前例がないという理由で却下されたというふうにいえば、ずいぶんと印象が違います。

 

自分の成長を考えて新しい職場にかわる決意をしたというポジティブな転職理由につなげやすいですから話を続きやすいですよ。