転職者、中途採用者の転職理由

転職理由の好ましくない例とは?

転職,理由

面接でよく聞かれる転職理由ですが、どんな質問でもあるように好ましくない回答というものがあります。
ではそれは一体どういうものなのでしょうか。例えばありがちな理由に、上司や同僚との折り合いが悪いなどの人間関係の問題や給料が安い、転勤が多いなどの待遇面での問題などでの退職ということがあります。

 

たとえ本当の理由がそうであっても、面接で正直に答えるのは良くありません。
というのはそのような問題はどの企業でもありうることですし、そのような理由を転職理由に挙げてしまっては、また同じ理由ですぐに辞めてしまうのではないかと面接官に思わせてしまいかねません。

 

ですから転職理由はできるだけ前向きさが感じられるものに転化させるべきでしょう。
また業績悪化やリストラで転職せざるを得ないこともあるでしょう。
そのような場合は、致し方ない部分もあり業績悪化やリストラだと正直に答えてもマイナス評価にはならないでしょう。

 

しかし理由がそれだけではプラス評価にもつなげることはできません。
ですからこのような場合は、業績悪化に対して自分はどのような努力をしたのか、その結果報われなかったとしてもそこからどのようなことを学んだのか、また退職後自己啓発やスキルアップにどのように務めたのかなどをプラスアルファとして付け加えておくと、転職への前向きさを伝えることができます。