転職者、中途採用者の転職理由

退職などの送別会の挨拶

転職,理由

送別会の挨拶(あいさつ)について話す前に、まずは送別会について軽くふれておきますね。
送別会というのは別れていくひとを送る会です。
日本でもっとも多くひらかれている送別会は定年退職をむかえたかたや転職するかたを会社の同僚や後輩が送るケースでしょう。
送られるひとによっては社長や専務など重役も参加するかもしれませんね。

 

送別会の挨拶というのは、前述の送別会でおこなわれる挨拶ということになります。
送別会の挨拶とひとことでいっても、送られる側の挨拶と送る側の挨拶にわかれることになります。

 

送別会の挨拶の順番は送る側の人間が先になります。
送る側の人間代表として幹事が挨拶するのが常でしょう。
送別会の挨拶内容は、同じ職場でいっしょに働いてきたことや苦労したことなどから話はじめ、送られるひとのこれからの進路や活動に期待しているむねの発言をします。思い出話もいいでしょう。

 

ただし、送別会の挨拶があまりにも長いと嫌がられてしまうのでほどほどに。
送別会の挨拶で送る側の挨拶が終わったなら、次は送られる側のひとになります。
おおすじとして、仕事でお世話になったお礼からはじめ、思いで話を少々ちりばめ、辞めていく自分のこれからの抱負で閉めるという流れになります。
こちらも送る側の挨拶と同様、長くなりすぎないように気をつけてください。