本サイトについて

愛犬の噛み癖など、犬のしつけをきちんと直せるのは飼い主さんだけ。犬の噛み癖をなおすよう、犬をしつけるための情報を集めたホームページです。深刻な怪我を負う強い噛みぐせから、軽い甘噛みまで、噛む力だけで見ても犬によって違います。子犬や成犬のかみ癖を改善します。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

愛犬の噛みグセをなおす方法

「うちの子は、触ることすらできないけど、 本当にしつけることができるでしょうか・・・」
「噛む犬」と「噛まない犬」のしつけ法というのは、当然大きく違います。
「撫でたり」「首輪やリードをつける事」ができないので「近づき」「触れる」ようになるところから始めないといけないからです。
「噛み癖」だけでなく、「吠える」「うなる」など他の問題行動の改善方法はもちろん、「引っ張り癖」「トイレのしつけ」「ボディケアの方法」や “待て”や“来い”などの「コマンドの教え方」もわかりやすく解説していますので、 「噛む」という一番深刻な問題が改善されるうえ、最終的には、「おりこうさんのワンちゃん」になる、「噛む犬の専門家」であるトレーナーのしつけ法です。
犬というのは物をかむ事が、とっても大好きです。
というよりも、犬の口というのは人間でいう手の役目に値します。
何か物を加えて運ぶ様子などは、よく目にする光景だと思います。
特に家族の匂いが付いている物を好んでかじる傾向があります。
これは、安心感を得るためです。
家族を身近に感じていたいという本能のようです。
しかし、自由奔放にさせていてはどんな物もかじってしまいますね。
かじるという行動はストレス解消にもなる為、むやみに叱る事でさらにストレスが溜まってしまい、逆に悪化してしまう場合もあります。
そこでまずは飼い主が、かじって良い者と、ダメな物を教えます。
この時に予め出来る範囲で、かじられて困るものは犬の届く範囲内に置かないように、未然に防いでおく事も大切ですね。

飛びつき癖について

愛犬は飼い主の事がとっても大好きです。
その大好きという思いが飛びつきという行動に走らせてしまいます。
でも、もしあなたがこれからとても大切な用事があり、スーツを着ていたら?
飛びつかれてスーツが汚れてしまうかもしれませんよね。
また、小型犬ならともかく、大型犬などにお年寄りや小さな子供がもし、飛びつかれたら、大怪我をしてしまうかもしれません。
飛びつき癖を直すには、まずあなたが愛犬の行動をよく観察して下さい。
愛犬が飛びつこうとしたら体をスッと後ろに引き、かわすようにします。
これで犬は拍子抜けしてしまいます。
この時にオスワリをして飛びつく事を諦めたら、すかさず褒めてあげて下さい。
でもこれだけで飛びつき癖を直すには、ちょっと難しいかもしれません。
愛犬が飛びつこうとしたら愛犬に背を向けて、完全に無視します。
決して目を合わせたり、声を出したりしないで下さい。
断固として反応してはダメです!
反応してしまうと、必ずまた飛びつこうとするでしょう。
完全に無視を貫き、愛犬が諦めてオスワリしたらしっかり褒めてあげて下さい。
飛びつかずに待っていれば、褒めてもらえると認識します。
飛びつこうとしたら愛犬に背を向けて無視する事を、何度も繰り返すようにしていきましょう!
これでもまだ飛びつくようなら、ピタリと止まる方法があります。

愛犬のストレスを防止

室内で犬を飼うという事が増えてきた最近で、特に注意すべき点は愛犬のストレスです。
ストレスを溜めてしまうと、しつけをしても言うことを聞かなくなったり、物をかじるようになったり、最悪は飼い主に噛み付く場合もあります。
生活環境に充分注意を払ってあげるようにしなくてはいけません。
ポイントは、不安にさせないようにし安心感を与える事です!

□サークルなどの設置場所について
サークルとは、愛犬のお部屋のような物です。
サークルを設置する場合、どこに設置してもいいという事ではありません。
設置する場所でよくない場所はもちろんあります。
設置を避けるべき場所は、廊下や、物置部屋など、
家族があまりいないような場所に設置する事はやめましょう!
犬は不安になったり、ストレスを感じたりしてしまいます。
結果、無駄吠えをするようになったりしてしまいます。
サークルを設置する際、犬によい場所は、リビングなどの家族が多くいる場所、この事がとても大切になります。
また、部屋の隅など犬が落ち着けるような場所に設置してあげましょう!
風通しや、日当たりにも気を遣い、窓の近くに設置できるようであればなお犬にとって、快適な環境になりま
す。

犬用サークルの設置方法

□サークルの広さ
サークルの広さは犬の大きさにもよりますが、目安として愛犬が2匹位ゆったりと入れるスペースがちょうどいいです。
狭すぎるのもストレスを感じよくありません。
とは言っても、逆に広すぎるのもよくありません。

□サークルの中に設置する物
サークルの中に、ゲージなどを設置してあげる方が、犬はより快適に感じます。
ダンボールなどで代用しても大丈夫です!
トイレと寝室の境をしっかり作ってあげる事で、トイレのしつけもスムーズにしつけが出来るようになりますよ。
また、トイレシートも忘れず設置してあげましょう!
愛犬が起きてすぐに排泄できる場所を作ってあげます。
これもトイレのしつけの一つになります。
サークル内に設置したゲージやダンボールの中には、毛布やタオルを設置して、愛犬自身が温度調節などを出来るようにしてあげましょう!
毛布やタオルは定期的に交換してあげるようにしましょう。
不潔なままだと愛犬は快適に過ごせず、ストレスになります。
もちろんトイレも清潔にして下さいね。
サークル内は、愛犬が安心して休める場所にしてあげましょう!

□カーペット
カーペットなどは、犬にとって排泄をする最高の場所にな場合があります。
犬から見たカーペットとは、芝生や土などと勘違いをします。
トイレのしつけをしていく上でも、カーペットなどは出来だけ敷かない方が、しつけもしやすくなります。

犬のストレスの原因

□大きな音
犬は人間の何倍もの聴覚を持っています。
音楽などを聴く際は、大音量で聴く事を避けて下さい。
犬のストレスの原因になる場合があります。

□ 冷暖房器具
冷房を使う際は、冷やしすぎや直接冷風が当たらないように、注意しなければなりません。
屋外との温度差が激しすぎると、風邪などの原因になります。
暖房も冷房同様、直接当たらないように注意しましょう!
また、ゲージの側などには置かないようにして下さい。
この時に換気などもこまめにしてあげましょう!

□家電製品などのコード
これはまだかじり癖などが直っていない場合は要注意です。
コードがコンセントにささっている状態で、
犬がかじったりするとショートし、やけどや感電の危険があります。
目を離す場合などは、ゲージの中に入れるか、コンセントのコードを抜き、犬が届かないように工夫しておく事です。

わがまま犬になる原因

室内で犬を飼う場合、家族の近くにいる場合がとても多いため、甘やかして育ててしまうケースがとても多くみられます。
あなたが何かを食べようとした時、愛犬はその食べ物を欲しがるかもしれません。
その時に甘やかしてその食べ物を与えないようにする事です。
可愛いからと言って甘やかす事は、わがまま犬になる原因です。
また、病気の原因にもなってしまいます。
可愛いからこそ心を鬼にして、甘やかしはしないように心がけましょう!

■犬の気持ち・本能に沿ったしつけ方法■
犬というのは、直接的な結果から学習する動物です。
犬が物事を学習する時に最も効果を期待できるのは、あなた自身が優柔不断に物事を判断しない事です。

犬の飛びつき癖をなおす
飛びつき癖について
室内犬を飼う時のポイント
愛犬のストレスを防止
犬用サークルの設置方法
犬のストレスの原因
室内で飼う場合の落とし穴
わがまま犬になる原因
犬のしつけで重要なこと
リーダーを決める

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加