本サイトについて

10代、20代の女性は化粧をファッションの一部として認識しています。あなたは「着飾る」という事にこだわっていますか?メイク=ファッション、この意識が薄れていくのが大体30代後半から40代にかけて、「お肌の曲がり角」と言われる時期からだと言われています。目の若返りアイメイク方法と健康法を紹介します。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

目の若返りメイク方法

それは美に対する追求の意識が薄れているのと同義ではないかと私は思うのです。
確かに20代前半の女性に比べて、40代の女性は「見られている」と感じる事も少ないのではないかと思います。
また、結婚し夫、子供に恵まれた瞬間に「女」であるよりも先に「妻であり母親である」という気持ちが強くなるのかも知れません。
ただ、1つだけ忘れないで下さい。
例え妻になり、母親になったとしてもあなたは一生を通して「女性」であるという事を。
人間である以上一定の年齢を過ぎれば、衰えが見えてくるのは仕方のない事です。
残念ながら不老や若返りの特効薬など今後も開発される事はないでしょう。
だからこそメイクで補う事が、女性としての魅力を保つ最高のツールになり得るのです。
くすんだ肌でもメイクの仕方で驚くほど輝きを取り戻します。
瞳の力を強く、唇を魅力的に、メイクには不可能を可能にする力があるのです。
私はお肌の曲がり角を過ぎた30代、40代の女性にこそメイクにこだわって欲しいと考えています。
あなたが時の流れと共に失ったものを化粧で埋め、いつまでも若く綺麗な「女性」でいるために、このマニュアルがお役に立てば幸いです。
Step1 Eye
顔には少なからず年齢が反映されます。
どれだけ若く見られる人でも、永遠に10代の潤いを保ち続ける事など出来ません。
知らず知らずのうちにハリがなくなり、シワが目立つ様になる、女性なら誰でもショックですよね?
そこにストップをかけなければ、年齢と共に「女性」としてのこだわりも捨てなければいけなくなります。
特に気をつけたいのが「目元」
目元は最も年齢が出やすいパーツです。
「笑った時に目尻にシワができるようになった」
「目に力強さがなくなった」
もし、現在あなたがこの様な悩みを抱えていたとしても、それはこれからご紹介するメイク法で解決できます。

シワを無くすメイク

目元に深く刻まれてしまったシワは、ファンデーションをぬっただけではカバー出来ません。
隠せずに放置してしまうとメイク後の仕上がりに大きく関わりますので、しっかりと的確なメイクを施しましょう。
・リキッドタイプのコンシーラーをシワの溝に入るようしっかりと埋めます。
溝部分は綿棒などを使って丁寧に塗り、外側は少しずつぼかす様に。
・薄くファンデーションをぬります。しわを隠そうと思うと厚塗りになりがちですが、ナチュラルを心がけて下さい。
・ペンシルコンシーラーで溝をなぞる様に埋めていきます。
・シワ部分にパール系パウダーを使用します。つけすぎると不自然になりますので注意して下さい。
光の反射を利用して目立たなくなります。
全てに共通して「メイクは薄め」と考えておくといいでしょう。
厚く塗りすぎると、その部分が逆に強調されてしまいます。

くまを隠す名句

くまは凹凸がない分しわより隠しやすいですが、適切なメイクをしなければ厚塗りになってしまいます。
若く見せる為の絶対条件は、ナチュラルメイクです。
メイクが逆効果にならない様に注意しましょう。
・薄くファンデーションを塗ります。
・その後にファンデーションで隠れなかったくまの部分にコンシーラーをつけます。
コンシーラーは基本的にファンデーションのサポートです。
頼りすぎずにファンデーションで対応して下さい。
・コンシーラーのタイプはリキッド。ある程度とったコンシーラーを顔の上に置く感覚で、指で少しずつ叩き伸ばす様になじませます。
・最後にパウダーでコンシーラーをつけた部分を押さえます。ファンデーションの上に塗ったコンシーラーの違和感を消してくれます。
くまはストレス、疲れ、食生活の偏りが原因で出来ると言われています。
普段から無理のない生活を心がける様にしましょうね。

アイシャドウのメイク法

アイシャドーは目の印象はもちろん、顔の印象を決める重要なポイントになります。
この後のアイライン、マスカラが上手くメイクできても、アイシャドウ次第で活かせるか活かせないかが左右しますので、しっかりとしたメイク法を身につけましょう。
・アイシャドウを塗る前に、目元の下地を再確認。もしファンデーションがムラになっていれば、アイシャドーも同じ様にムラになってしまいます。
・アイホール全体に中心となるアイシャドーをムラにならない様に塗ります。
この時上下に動かすのは厳禁。必ず左右にチップを動かし流れを作って下さい。
・最初につけたアイシャドーよりも1回り濃い色のアイシャドーを、影になる部位に塗ります。目安は最初のアイシャドーからギリギリはみだす位の位置です。
・最初に塗ったアイシャドーと2番目のアイシャドーの境目を指でぼかし、馴染ませます。
・下まぶたにハイライトを入れます。色はファンデーションより白いもので、できるだけ細い線を描く様にしましょう。

アイラインの引き方

目元にメリハリをつけるのがアイラインの仕事です。
その為には線がよれない様に注意しなくてはいけません。
上手くアイラインをひけない人は、肘をテーブルに置き、しっかり軸を固定してみて下さい。
併せて、アイライナーを持っていない方の手で、瞼を上から持ち上げる様に押さえればスムーズにひける様になります。
・ナチュラルメイクはペンシルタイプのアイライナーがおススメです。
アイラインは目頭ではなく目尻からひくのがコツです。
引き終わりが曖昧になると左右の目のバランスが崩れてしまいますが、目尻のアイラインを最初にしっかりとひけば後々修正の手間が省けます。
・目尻から目の中心までひいたラインに繋げる様に、目頭から中心に向けてラインをひいていきます。
出来るだけ細めの線を心がけ、まずはストレートでブレのないラインを心がけて下さい。
・目尻を少しはみ出す程度に目頭から線をなぞります。目尻ははらう様に描きましょう。
・最後に描いたラインを綿棒で修正します。ここでラインがよれていたりブレがある場合は直しましょう。
・マスカラ
アイシャドーやアイラインに比べ、目に見える線を描かないぶん軽く見られがちなのがマスカラです。
ところが、このマスカラを上手く使えるかどうかで、アイメイクの出来映えが実は天と地ほどに違うのです。
例えるならアイシャドー、アイラインがデザインならマスカラはそのデザインを飾る額です。
どれだけ良いデザインでも飾りがなければ味気ない様に、アイシャドー、アイラインで素晴らしい線が描けても、マスカラが失敗してしまうとアイメイク自体の失敗と言っても過言ではありません。
・ビューラーでまつ毛をしっかりカールさせます。角度が固まった後は、まつ毛が束にならない様に指先で軽くほぐし、ばらけさせて下さい。
・アイラインをひく時と同じ様に、片手で瞼の上を持ち上げる様に押さえ、丁寧にマスカラをつけていきます。
・目頭、目尻はマスカラを縦にし、瞼や目の付近に色がつかない様に注意して下さい。
・下まつ毛は短く細いので、マスカラを縦に持ち丁寧につけていって下さい。
最後に束になったまつ毛をほぐして完成です。

口は顔の中の準主役です

そして目と比べ、感情を表すバリエーションが少ないぶん魅力的な口か、そうでないかがはっきりと分かれる部分でもあります。
例えば目尻のシワは優しさを表現する意味で、魅力的に応用する事も可能ですが、小鼻の辺りから口の横にかけてできる口元のシワは老けて見えるだけで、女性的な魅力として利用するのは少し難しいでしょう。
だからこそ口元は目元以上に注意してメイクする必要があるのです。
しっかりと弱点を隠す事で、今までと全く違う仕上がりになるので、これを読んだ後すぐにでも実践して体感して欲しいと思います。

若返りアイメイク
シワを無くすメイク
くまを隠す名句
アイシャドウのメイク法
アイラインの引き方
口元のメイク
口は顔の中の準主役です
口元のシワを隠す
口紅の使い方
下地について
ファンデーションのテクニック
ファンデーションをのばす
ファンデーションを仕上げる
眉毛の整え方
眉毛を整える方法
眉毛を描く方法
ほお紅
ほお紅の入れ方
化粧品の選び方
下地、ファンデーション、コンシーラー
下地選び
コンシーラー選び
ファンデーション
化粧落とし
化粧落としの仕方

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加