骨盤矯正をマスターするための。。。

そして、それが骨盤矯正をマスターするための7つの黄金ルールなのです。
1 人間の体を知る
2 骨盤を知る
3 人間の体の動きを知る
4 骨盤の前後の動きを改善する
5 骨盤の上下の動きを改善する
6 骨盤の左右の動きを改善する
7 生活習慣により骨盤がゆがむ事を知る


1 人間の体を知る
まず頭があり、それを支えている背骨があります。
この背骨は24個の椎骨(ついこつ)から出来ていて、この背骨を脊柱(せきちゅう)と言います。
そして、その上の部分には鎖骨(さこつ)があり、肋骨(ろっこつ)があります。
また、鎖骨と肋骨と12個の椎骨で胸郭(きょうかく)を作っています。
脊柱の最後には仙骨(せんこつ)、その横には寛骨(かんこつ)があり、仙骨と寛骨で骨盤を形成しています。
その骨盤には大腿骨(だいたいこつ=太ももの骨)がついています。

まずはこれらの名前を覚えてください。
やはり必要最低限の言葉を知る事は大切です。