3.人間の体の動きを知る

骨盤がゆがむ原因はいくつかあり、それをこれから学んでいただくわけですが、この原因のいずれにも深く関わってくる筋肉があるのです。
ここでは、まずこの筋肉についてお話ししたいと思います。
骨盤は前と後ろを強力な筋肉で支えられています。
まず、骨盤を前で支えている筋肉には腸腰筋(ちょうようきん)と、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)があります。
腸腰筋には大腰筋(だいようきん)と腸骨筋(ちょうこつきん)があり、この2つを総称して腸腰筋といっています。
この2つの筋肉が主に骨盤を前にひっぱっているのです。
また、反対に骨盤を後ろに引っ張っているのが大殿筋(だいでんきん)、半腱半膜様筋(はんけんはんまくようきん)、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)といいますが、現代人はこの腸腰筋が弱っている人が多く、まずはこの筋肉を鍛えるだけでもかなり変わってきます。
次にこれは筋肉ではありませんが、脚の骨、すなわち大腿骨についてです。
大腿骨は骨盤矯正にはとっても大事な骨です。特に大腿骨頭の動きを良くしてあげる事がポイントなのです。