4.骨盤の前後の動きを改善する

ところで「骨盤がゆがむ」という状況はどんな状態なのでしょうか?
まず、「ゆがむ方向」には大きく分けて3つあります。

1 前後にゆがむ
2 上下にゆがむ
3 左右にゆがむ

それでは、骨盤のゆがむ方向とそれぞれの改善方法についてお話ししましょう。
特に重要なのは前後のゆがみです。
そして、それを改善するのが骨盤ON- OFF エクササイズです。

・骨盤ON‐OFFエクササイズ1 エクササイズ2
<A> 骨盤が前に倒れている姿勢
<B> 骨盤が後ろに倒れている姿勢
この2つのフォームはいずれも、セルフ骨盤矯正のエクササイズの中でも、もっともポイントとなるものです。
そして同時に、このエクササイズは、骨盤がどちらに倒れているのかをチェックする
診断法でもあるのです。

<A>の方がスムースにできる方は、『骨盤が前に傾いている人である』(骨盤の前傾)とも言えるのです。
このような方は、<B>のフォームを繰り返し練習することです。
<B>のフォームの方がスムースに出来る方は『骨盤が後ろに傾いている人』
(骨盤の後傾)だから、その反対である<A>のフォームを数多く行ってください。

但し、運動をあまりしたことがない方、また運動不足の方は「自分で骨盤を動かす」と言う感覚が分からず、この動き自体ができない人もいるので、この時にはこのチェックが適当とはいえません。
いずれにしても、この「骨盤ON-OFFエクササイズ」の1そして2を、連続でスムースに入れ替える事ができる事を目標にエクササイズを行う事は、骨盤の前後のゆがみを整えるもっともいい方法といえます。