6.骨盤の左右の動きを改善する

最後は左右のバランスです。
脚を肩幅に開き、腰に手置き、左右へ腰骨をだすような動きをしてください。
この時、どちらか出しにくい方向があるはずです。
その悪い方向による腰がスムースに動くようにエクササイズしてみてください。
骨盤の仕組みやゆがみの原因を知り、骨盤を支えている筋肉を強化する方法をマスターすれば、あとは実践に使うだけです。
左右のアンバランスがあった場合でも、骨盤を使って美しく歩けるようになれば、ほぼ骨盤の左右のバランスは解消されているといえるでしょう。