7.生活習慣により骨盤がゆがむ事を知る

長年の生活習慣によって、自然とよく使う筋肉、また、あまりよく使わない筋肉ができ、
その筋肉同士で筋力や柔軟性のアンバランスがでます。
筋肉のバランスが崩れてくると当然、骨盤もゆがんでくるのです。
そして、あなたが、その自分の体のクセを知り、その反対の動きを意識的に数多くする。また、それをベースにエクササイズを組み立てる。
それをするかしないかで、骨盤矯正エクササイズの効果は全く違います。
もちろん、なかなか元に戻らない方もいらっしゃいますが、体の調子がそれほど悪くなく、ただ体がゆがんでいるだけなら、十分、自分で解消する事ができます。
しかし、あやまったやり方をするとかえって体調をくずしたり、今まで痛くなかった部分が痛くなったりするので、正しい方法をマスターする必要があるのです。
ちなみに、ゆがみの原因となる生活習慣には、次のような事が考えられます。
■ 脚を組んで座る
■ アヒル座り(正座の状態から両ふくらはぎの間におしりをつく座り方)
■ クロス立ち(足を交差させて立つ。足が]を形作っているように見える)
■ カバンを常に同じ側の肩にかける
■ うつぶせで寝る・横向きで寝る
■ 柔らかすぎる布団で寝る
■ ソファでのうたた寝など、不自然な体勢で寝る
■ 運動不足
などです。
一度、あなたの日々の暮らしを振り返ってみてください。ほとんどの方がこれらの事に注意をする事なく過ごしています。だから、反対に少し気をつけるだけで体がちゃんと反応してくれます。本当に小さな事ですが、これを改善しようと努力するかしないかが体のラインを変える事ができるかどうかの大きな分かれ目になります。
最後の「運動不足」によってもたらされる事は、「骨盤周りの筋力の低下」です。