本サイトについて

コットンの使い方やクレンジング、ローションパックの方法など、スキンケアの基本を紹介。
知っているようで知らないことや勘違いしていることが多いのでは?美しい肌は幸せの源です♪
これからも美しくなるためのスキンケア情報を発信していきます。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

スキンケア対策大丈夫ですか?

季節の変わり目というものは、何かと肌に負担がかかるものです。
特に春は風が強くなる時期でもあって、埃や花粉が空中に舞うため
肌が汚れやすくなります。
そして、気温が上がることで、血液の循環がよくなり、
冬よりも新陳代謝が盛んになることで、皮脂の分泌が活発になります。
そのため毛穴の汚れが詰まりやすくなるので、
この時期は一年でも特に肌のトラブルが多くなる時なんですね。
帰宅したら、すぐにメイクを落としきれいに洗顔して、肌を清潔に
保つことが大切です。
そこで、すっきり洗顔と、しっとり洗顔あなたはどちら派ですか?
私はオイリー肌なので、どっちかというと、すっきりとした感じの
洗顔料が好みです。
肌の調子によって、オイリー肌の人はすっきり洗顔、乾燥肌の人は
しっとり洗顔派が多いのではないでしょうか。
しかし、あまりにも肌の皮脂を洗い流してしまうのはよくないですし、
しっとり洗顔には洗顔後しっとり感を残すために、
油分を含んだものもあります。ご存知でしたか?
しっとり感が残っても、顔に油分が残っていては、
次に使用する化粧水や美容液の浸透を妨げてしまいますよね。
いくら、効果のある美容液を使っていても、
きちんと汚れが落ちていなかったり、洗顔料の油分が
残っていては意味がありません。
洗顔する場合、泡をよく立てることが重要です。
汚れは泡に乗って落とされるので、泡立ちが悪いまま
洗顔しても充分に顔の汚れは落ちません。
一番良いのは油分の含まれていない洗顔料や
洗顔せっけんをたくさん泡立て、ていねいにやさしく
マッサージするようにすみずみまで洗顔し、
その後化粧水でたっぷり保湿して、美容クリームや乳液、
美容液でお肌を整えることです。

くすみの原因、洗顔の大切さ

冬の間に引き起こす冷えは体のリンパ腺のながれを悪くさせる原因です。
そのために血の巡りが悪くなり、新陳代謝が低下してしまうのです。
その結果、皮膚に充分な水分と栄養が行き届かず、
肌に古い角質が残ってしまい、それが肌の色をツヤがなく、
暗い色にしてしまいます。
それをさらに悪化させるのが化粧です。
化粧することによって、皮膚呼吸できなくなり、
肌や毛穴の汚れが排出できなくなります。
特に冬の間は冷えのせいで新陳代謝が
悪くなっていますので、くすみが起こりやすくなります。
せっかく春になって、暖かくなっても肌がくすんでいては
春らしいメイクも映えませんよね。
しかも肌がくすんでいるせいで、ファンデーションの厚塗り。。。
なんてことになっていませんか?
洗顔は清潔なお肌を作る最初の第一歩です。
きちんと汚れや古い角質が落ちていないと、化粧水も美容液も
きちんと浸透しません。
そして次の日にメイクをしても化粧のりが悪い。。。
という悪循環になってしまいます。
きちんと汚れが落とされたきれいな清潔なお肌があってこそ、
化粧水、美容液が浸透.次の日のメイクのノリがよい.きれいに洗顔.
化粧水、美容液が浸透.次の日のメイクのノリがよい。。。
というサイクルを生み出してくれるわけです。
洗顔をさぼっては、ほかのスキンケアをいくらしても
全然意味がありませんね。
これで、洗顔がいかに大切かおわかり頂けたと思います。
春に合った明るくみずみずしいお肌を作り出す第一歩は、
きちんとした洗顔からですよ。

肌の紫外線対策はきっちりと

春はトラブル肌を引き起こしがちですが、
一番気をつけたいのが紫外線です。
冬の間は弱かった紫外線も、春になって一気に強くなるので
本格的な紫外線対策が必要になっていきます。
ここでしっかりしないと、次にやってくる夏で、
お肌がやられてしまいます。
ここでしっかりやるかやらないかで、後々大きく変わってくるので
気合をいれましょうね。
特に肌の安定が不安定な春は、
きちんと洗顔することで肌を清潔に保ち、
出かける時は紫外線対策、これでかなり
肌のトラブルを防げるはずです。
ちょっとした用事で外に出るとき、例えば洗濯物を干したり、
ゴミを出したり、そういう短い時間でも大量に紫外線を
浴びるわけなんですね。
そういうちょっとしたことで、紫外線をあび、シミやそばかすを
作っては意味がありません。日ごろきちんと紫外線対策を
することで、シミやソバカスを防げることができます。
私は冬の間も必ず紫外線対策をしていました。
冬の間の弱い紫外線でもシミやそばかすを作る原因になるわけです。
きちんとやっていると、やっぱり結果が違ってきます。
私の姉は紫外線対策を去年の春、夏とさぼっていました。
その結果どうなったか。
冬に思いがけずシミが増え、あせって紫外線対策を始めたんです。
でも、シミができてしまってからは遅いんですね。
シミができたら、シミを薄くするコスメを新たに買わなくてはいけないし、
余計な出費です。紫外線対策とは、シミを作るのを防ぐ対策なので、
シミをなくすコスメやにきびをなおすコスメとは用途が違ってきます。
できる前に、予防する。ある意味予防接種のようなものですね。
風邪をひいてからでは遅いのと同じです。
風邪を引いたら薬を買わなくちゃいけないし、
仕事を休んだりしないといけなくなることもあります。
しっかりと風邪を引かない予防策をしていれば、
余計な出費も控えられますよね。ある意味、
紫外線予防は将来の投資と言ってもいいかもしれません。
これをやるかやらないかはあなた次第ですけれど、
やるに越したことはないですよ。

コラーゲンの必要性

コラーゲンとういう言葉をよく聞きませすよね。
でも一体コラーゲンとはどういうものか、
どういう効果があるのかご存知ですか?
コラーゲンは一言でいうとたんぱく質です。
人間の体の約30%がコラーゲンで占められています。
特に骨や軟骨、皮膚、血管などに多く含まれています。
コーラゲンには皮膚をみずみずしく保つ役割があって、
これが減少してしまうと、みずみずしさを失って、肌が老化していきます。
特に皮膚はコラーゲンの働きがすぐに現れる部分です。
人間の皮膚は大きく3つにわかれていて、
その真ん中の層の約70%がコラーゲンといわれています。
この層のコラーゲンの活動が活発であればあるほど、
お肌の新陳代謝がスムーズになります。
20 歳頃をピークにコラーゲンの生産量は激減してしまいます。
アンチエイジングにコラーゲンが必要と、
言われるのはこういうわけです。コラーゲンを摂取することにより、
うるおいのあるお肌をキープできるのです。
私も30代を過ぎたあたりから、
お肌にハリがなくなってきたと実感しています。
残念ながら年を取るのを誰も止めることができません。。。
どんなお金持ちもどんな美人でも、みな平等に
年をとっていくわけです。
でも、肌の衰えをできるだけ食い止めることは
ある程度可能です。スキンケアをきちんとするかしないかで、
同じ30代、40代でもびっくりする程差ができます。
コラーゲンを多く含んだスキンケア用品を毎日使うことにより、
肌の張りを保ち、年とともに衰える肌にうるおいを
抑えることができるのです。

毛穴ケアにコラーゲン

毛穴が目立つと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
毛穴の黒ずみや毛穴の詰まりなど、ついつい毛穴を
いじりたくなってしまうかもしれません。
でも、むやみにさわったり、黒ずみや毛穴の詰まりを
押し出そうとすると、肌を傷つけ、
さらに毛穴を目出たせることになりかねません。
特に年を取るとともに毛穴が目立つように感じるのは、
皮膚のコラーゲンの能力が低下してくるからです。
コーラゲンが低下して、皮膚がたるんでくると、
それと比例して毛穴もたるんで、毛穴が目立ってしまうわけです。
毛穴を掃除するパックを使うよりも、
先にコラーゲンをしっかり与えて、潤いのあるお肌を
キープすることが、一番の毛穴ケアにつながります。

シワシワ対策

年を取ると共に気になるのがシワですよね。
私はオイリー肌なので33歳頃まではそれ程、
シワも気になりませんでしたし、これといったシワ対策も
していませんでした。
しかし、最近になって、姉にこう言われました。
“えっじって、最近笑いジワ目立つよね”。
“が〜ん”。。。。
姉だからこそ遠慮のない率直な意見です。
早速鏡に向かって笑ってみました。
笑ったら顔にシワがよるのは老若男女とわずですが、
笑ったあとが問題です。笑った後に、
そのまま笑いジワが残ってしまうんですね。
で、その日からシワ対策を始めました。
シワができる原因は、コラーゲンの減少です。
特に紫外線によるダメージでコラーゲン繊維が傷むことも
さらにシワを増やすことになります。
年をとってもしっかりとコラーゲンを取って、
紫外線対策をすることで、しっとりとした
みずみずしい肌を保つことができます。
きちんとケアしないと、笑ってもシワが残っしまいます。
出かけるときはきちんと紫外線予防して、
コラーゲン美容液を使用し、食事からもできるだけ
たくさんコラーゲンを取るように心がけています。
年を取るのは誰も止められません、でも
できるだけ長くみずみずしいお肌を保つことは
心がけ一つで可能になります。

基本のスキンケア
くすみの原因、洗顔の大切さ
肌の紫外線対策はきっちりと
コラーゲンの必要性
毛穴ケアにコラーゲン
シワシワ対策
ニキビのケア
ニキビを予防する
ストレスとニキビ
ニキビ跡のケア
オイリー肌
スキンケアコスメを長く使う方法
ローションやパックの作り方
昆布と卵の薄皮化粧水
ゆずの種ローション
手作りパック
簡単手作りパック

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加