本サイトについて

目がかすむ!!視界がぼやける!!目の奥が痛む!!そんな症状を感じることはない?そんなあなたに、疲れ目に効くツボとマッサージ方法を紹介します。ぜひ試してみてください。かなり効果があります。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

疲れ目に効くツボとマッサージ方法

朝起きてから、夜寝るまで常に何かを見て、休むことなく働き続けているのが「目」だよね。
私たちスタイリストって、物凄く目を使う。それに加えて、パソコン、ゲーム、携帯などの画面を見ることも結構あるし、ますます疲れ目が起こりやすくなっているね。
そんな目の疲労をすっきりと解消するのが、今回ご紹介するプログラムだよ。
疲れがひどくたまってしまった人に、その場ですぐ出来る、疲れ目解消方法を教えちゃいます。

目の疲れの原因

まずは目の疲れ目のお勉強から。
目の疲れには二つの原因があるらしいよ。
一つ目の眼精疲労は長時間、目を使い続けるといった直接の原因だけじゃなくて、ストレスや精神的疲労によっても引き起こされるんだって。
例えばパソコンで長時間作業をした後に感じる目の疲れ。
これは、一定の距離のものをじっと見続けることで、目の筋肉がこわばっておこったり、まばたきの回数が減って、目が乾いてしまうことが原因だって。
つまり、目を酷使したことによる疲れ目だよね。
でも、何かをずっと見ていなくても、集中して考え事をしたり、精神的な疲労を感じているときに、目がかすんだり、ぼんやりしたという経験はない?
人は目に入ってきた情報を視神経を通して脳へ伝達し、脳の中で映像に変換することで、ものを見ているんだって。
でも、脳が感じたストレスがその伝達路を通じて、逆に目へと伝わってしまうことがあるんだって。
これが疲れ目を引き起こすうもう一つの原因。
また視神経そのものが後頭部に集まっていることから、いずれの理由でおきた目の疲れも慢性化すると、頭のこりにつながるらしい。
そして、そのこりが悪化すると、首や肩までこったり、さらには頭痛を引き起こすと事に!!
そのため疲れ目解消には、目そのものをほぐすだけでなく、脳をリラックスさせること、またはその疲れ目が原因となって引き起こされた。
頭のこりをほぐすことも大切なんだって。

目の疲れ対策プログラム

ではその場ですぐ出来る速攻プログラムのご紹介だよ。

1、眉と目頭の間のくぼみを押し上げる。
目を閉じ、親指の先と、眉と目頭の間のくぼみになるべく深く差し込む。
そのままおでこを持ち上げるつもりで、奥から手前にぐっと押し上げる。
少し痛いくらいの強さが丁度良い。
約1分ほど押し続ける。

2、まぶたの上から、目に圧力を軽く加える。
目を閉じ、まぶたの上から人指し指と中指で、眼球を抑える。
少し圧迫感を感じるくらいの強さで、3分間をし続ける。
押している間に指を動かしたり、強く押すと、眼球が傷つく恐れがあるので十分注意してね。
絶対コンタクトははずしてね!!!

3、目玉をまわす。
視界の上下左右をなるべく端から端まで見るように、大きくゆっくりと目を動かす。
右回りと、左回り両方を3〜5回づつ行う。

4.目を力強くつぶる
最後に、目を強く約3秒つぶり、パッと開いて3秒キープ。

これを3回繰り返す。

どうかな?これでたいがいの目の疲れは治っちゃうよ!!
でも一番大切なのは、目を疲れさせないこと!!
目にもいたわりをもって!!

目を疲れさせないポイント

目を疲れさせないポイントは、目を見開いてものを見たり、一点を見続けたりしないこと。
その他、普段の生活のなかでできるちょっとした工夫で、目の疲れの予防方法をまとめてみたので、実践してみてね!!

1、力まずにものを見る。
2、なるべく遠くのものを見る。
3、パソコンを使う時には、姿勢と配置に注意する。

では、皆さん目を大切に、お仕事頑張ってね!!!

目がかすむ!!視界がぼやける!!目の奥が痛む!!そんな症状が軽く感じる方法を紹介いたしました。

最後まで読んでくれてありがとう!

目の疲れの症状と対策
目の疲れの原因
目の疲れ対策プログラム
目を疲れさせないポイント

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加