乗り物酔いは薬が必要?

乗り物酔いは慣れの現象が見られます。
つまり慣れることで乗り物酔いは克服や改善できるということです。
だから、乗り物酔いの薬はいりません。
例えば、車の中は酔いやすい空間ですね。
峠道を走る車の後部座席で本を読んだら、大抵の人は気分が悪くなります。
また、船などの固定空間の中で揺られていると、やはり大抵の人は気分が悪くなります。
しかし、バスガイドさんや漁師さんは、普通酔いませんので、これは慣れると酔わなくなるということです。
ここで、ちょっと面白い話があります。
NASAの宇宙飛行士のデータによれば、酔いの激しい人は、短期間に宇宙空間に適応し、一見酔いにくい人は、宇宙空間に適応することに、長期間かかるそうです。
このことから、初めての乗り物で激しく酔う人は、早期に酔わなくなる可能性があり、一方でだらだら酔う人は、酔うことがなかなか治らずに、しばらく乗り物に乗らないでいると、初めてのように酔いやすくなってしまう可能性があるようです。


乗り物酔いの原因と予防対策
乗り物酔いは薬が必要?
乗り物酔い予防対策

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

乗り物酔いの原因とすぐできる予防法 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加