間違った寝具と睡眠時の体勢

4項目 間違った寝具と睡眠時の体勢

あなたは、寝ぞう悪くないですか?
だからといって、寝ているときに、寝ぞうを直して!
な〜んていっても直りませんよね。^^;
なので、せめて寝るときに、“この”←《あとでね(^_-)-☆》体勢をして
寝るようにして下さいね。
寝はじめの体勢ってどういう体勢で寝ていますか?
うつぶせ?
横向き?
イエイエ、この体勢では寝はじめないでくださいね!!
うつぶせや横向きで寝る体勢では体をゆがませる大きな原因に
なってしまうからです。
うつぶせや横向き体勢でいつも寝ているという人は、
もしかして...
“楽”な体勢じゃありませんか?^^;

そんな“楽”な体勢ではどんどん骨盤がゆがんでしまいます。
なので、やっはりいつもやっていない体勢でおやすみになってくださいね。
その体勢とは、できるだけ“あお向け”←(さっきお話した“この”の
内容がこれです。)
で眠るように心がけましょう。
そして、できれば布団もフヮフヮ布団ではなく、ほどほどの堅さの布団を
敷いて、睡眠をとっていくことをおすすめします。
いくらあお向けに寝ても腰が落ちてしまい、仙骨←(あとで、仙骨の位置が
わかる画像がでてきますので、確認してみてくださいね。)が突き出て
骨盤がゆがんでしまうことになってしまうんです...
だからといって、板のような布団では体に刺激が強すぎてしまいますよ...^^;