歩き方でのゆがみ発生

5項目 歩き方

誰にでも歩き方には癖がありますよね。
その歩き方の癖からも骨盤がゆがんでしまうんです!!
まずは、
家の廊下などで、床の中心にカラーテープなどでラインを引いて、
歩いていけるように、練習をしてみてください。
すると、普段から正しい歩き方をマスターしていけば、歩き方で
ゆがんでしまう骨盤が、解消していくはずですよ!!
ということで、まずは“歩き方1番目”からマスターしていきますね。
はじめに基本の立ち方からスタートします。
まず、つま先を11 時と1 時の位置におき、
顔はまっすぐ遠くをみるようにしてください。

歩き方2番目に...
歩き方3番目は...
前へけり出した脚をかかとからついていくと
同時に、後ろの脚のつま先で地面を蹴るように
して歩きます。
片方の脚のひざを伸ばして、大きく前へ1歩
けり出します。
その時に、ひざ下を前へ放り出す気持で
押し出していくと、感じがつかめると思いますよ。

歩き方4番目は...
そして、歩き方5番目は...
まっすぐの姿勢で頭の位置は動かさず、
そして肩は水平にしておきます。
目線は遠くをみて、つま先へ体重を移動させて
歩いていきます。
腰を押し出しながらひざを出していく気持で、
ひざから下を、ほうり出していくように1歩前へ
踏み込みます。
その時に、前傾にならないように注意して
くださいね。

たかが歩き方なんていわずに、一生懸命歩き方の基本を行って
歩いていくようにしていきましょうね。
歩き方ひとつで骨盤のゆがみが決まって、
“太りやすい体質になってしまうか?”
“やせやすい体質になるのか?”は、
あなた次第になりますよ!!
もしもゆがんだままウォーキングを行ってしまうと、
ゆがんだままの悪い筋肉のつき方となってしまいます。
すると、体の血液の流れもにぶってしまうままウォーキングを
行ってしまうことになってしまいます。
ゆがみを直してからウォーキングを行っていかないと、
意味がありません...