《骨盤をあお向けにしてひざを倒す》体操

4番目は、《骨盤をあお向けにしてひざを倒す》体操です。
                  
1 はじめに床にあお向けに寝て、ひざを立て、
  両手は頭の後ろで組んでいきます。
2 お腹に力(腰を床につけておくとお腹に力が入りますよ。)を入れて、
  胸いっぱいに息を吸いこんでいきます。
  そして、息を吐きながら脚を右に倒します。
  その時に肩はなるべく浮かないようにしてくださいね。
3 再度、お腹に力を入れたまま、胸で息を吸って、
  脚をもとの位置にもどします。
4 反対側も同様に、各10ずつ行っていきます。
ここでの体操は“腰椎”という場所のゆがみを調整していく体操です。

息を吐きながら脚を倒していってね!!

5番目は、《股関節をひねって伸ばしていきます。》
1 あお向けに寝て、右脚を立ててからひざに左手をかけます。
  その脚を、腰をひるねように息を吐きながら反対側にゆっくりと
  倒していきます。
2 その時に右手は、真横に伸ばし、
  そのまま20〜30秒キープしていきます。
3 反対側も同様に行います。
  これを、各1回おこなってください。