本サイトについて

情報処理技術者試験の、初級シスアドや基本情報技術者試験を目指す方向けに、システム開発の経験がない方にこそ、知って頂きたいノウハウです。情報処理技術者試験で時間の無い人のための論文対策ですので、しっかりと読んで実践してみてください。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

情報処理技術者試験合格への第一歩

このサイトは、情報処理技術者試験についてサイトです。

「論文試験はお勧め」。

論文試験は、午後Iがカンタン、評価が高い、等々のメリットがあります。

論文があるからといって、論文試験を敬遠するのは、むしろ勿体無いんです。

「論文? 私は、システム開発の経験がないから、論文かけないよ」っていうアナタ!
私の論文対策ノウハウには、システム開発の経験は要りません。

むしろ、システム開発の経験がない方にこそ、知って頂きたいノウハウです。当の私も、
システム開発の経験なんてありません。まったく皆無です。

しかし、そんな私でも、論文試験(アプリケーション試験)に合格しました。

さらに、調子に乗って、システムアナリスト試験の合格を目指してます(経験なしで)。宣言します。

「経験なくても論文書けます」

でも、しっかりと論文対策をするには、時間がかかるんです。

そんな時間をとるのは、忙しいサラリーマンエンジニアには、かなり無理な話です。

では、どうすればいいのか。

「最低限これをやれば合格率あがる、という方法は何か」
これが、このサイトのテーマです。

忙しいサラリーマンエンジニアの方へ、
まずは、このサイトを読んでみてください。

情報処理技術者試験の論文対策の概略

これまで、何度か論文試験を受験してきました。
アプリケーションエンジニア試験合格まで、かなり苦労しましたが、いま思うと良い経験でした。
この経験で確信したことは、
「試験当日に論文を考えるようでは、とても合格できない」
ということです。
そもそも、何の準備もなし3000字近くの文章なんて書けません。
試験当日に、はじめて論文を書くようでは、とても合格はできません。
論文に合格している(おそらくほとんどの)人は、事前に論文を作成しているんです。
試験当日は、事前に作成した論文を書くだけ、なんです。
では「事前に論文を書くって、どうやって書くの?」
その方法は、人それぞれでしょう。
わたしも自分なりのノウハウで、アプリケーションエンジニア試験に合格できました。
このノウハウはかなりの量になりますので、詳しいご紹介は別のサイトで行うことにして、ここでは概略だけをご紹介しておきます。
たいした内容ではないんですが、概略は以下のようになります。

<論文対策の概略>
 @論文のネタを集める。
 Aとりあえず論文を作成してみる
 B論文を読む
 C論文を修正する
 D論文を読み直す
 E論文を修正する
  (繰り返し)
なんだこんなことか、と思うかもしれませんが、これがナカナカできないんです。
まず一つ目の問題は「経験がない」ということ。
システム開発などの経験がある方は、自分の経験が論文のネタになります。
しかし、私のように「経験がない」という方は、まず最初のネタ集めに苦労するんです。
次の問題は「論文は書く方法が分からない」ということ。
論文は、書けと言われてもなかなか書けるものではありません。
こうすればいいとう具体的な方法が分かっていないと、難しいものです。
最後の問題は「時間がかかる」ということ。
チョット考えてみてください。
ネタ集めに始まって、論文作成、熟読、修正(繰り返し)・・・。かなり時間がかかりそうですよね。
しかっり論文対策ができる時間があれば、論文試験は意外に楽なんですが、忙しいエンジニアには、その勉強時間がとれないんです。

論文対策で省略できる作業はなにか

時間がなければ、作業を省くしかありません。
省略できるところは省略してみましょう。

@論文のネタを集める。
 これは省略できません。
 特に「経験のないエンジニアにとっては、ここが出発点ですから省略はできません。

Aとりあえず論文を作成してみる
 考えてみると、これは省略出来るかも知れません。
 紙に書く、テキストファイルに打ち込む、
 というアウトプットを行うことは、確かに大切です。
 アウトプットすることで、どこがわかっていて、どこがわかっていなのかが、
 みえてきます。
 しかし、時間がないのなら、この手順を省略しましょう。
 合格率も低くなるでしょうが仕方ありません。この作業は省略します。

B論文を読む
 これは必須です。
 自分の頭のなかにネタを入れるわけですから。ある意味ここが第2のスタートです。
 これも省略できません。

C論文を修正する
 そもそも「論文を書く」を省略していますから「論文の修正」も省略となりそうです。
 ところが、そうではありません。
 修正は必須です。自分なりに頭の中で修正してください。
 これをしないと、単なる丸暗記となり、応用が効かないんです。
 この作業は必須です。

D論文を読み直す
 これも必須です。頭の中で修正し、読み直すのです。
これで、だいたい必要な作業がはっきりしてきました。
省略出来る手順を省くと、以下のようになります。

<論文対策の概略(時間のない人版)>
 @論文のネタを集める
 A論文を読む
 B頭の中で論文を修正する
 C論文を読み直す
 (繰り返し)
つまり、『ネタを集めて何度も読む』ということです。

情報処理試験対策の各手順の具体的方法

それでは、具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。
それぞれの手順でみていきましょう。

@論文のネタを集める
やり方はいろいろあるでしょうが、時間がないということで、もっとも効率的な方法
をご紹介します。
 それは「市販の問題集の解答例をネタにする」ことです。
市販本の解答例は、その筋のプロが書いたものですから、合格レベルと思って間違い
はありません。信頼性も十分です。
本屋さんで、試験の問題集を購入して、その解答例をネタにしましょう。

A論文を読む
「合格レベルの論文を何度も読む」。時間のない人にはこれが一番効果的です。
いきなり論文を読んでも、なかなか理解出来ないかも知れません。
いくら読んでも分からない場合、そういう論文はネタから除外してください。
「分からないものを理解する」には時間がかかります。
  効率的に論文対策を行うには、そうではなくて、読んで意味の分かる論文を探すのです。
 そういう論文を5〜6個探してください。

B頭の中で論文を修正する
今度は、5〜6個選んだネタを頭の中で修正していきます。
修正といってもたいしたことではありません。

「ここは、こう書いた方がわかりやすいのにな〜」とか
「ここの文章は削除した方がすっきりするな」とか言うレベルで十分です。
大切なのは、その論文に自分の色をつけていくこと。
こうすることで、その論文の内容が、スラスラ頭の中にはいっていくんです。

C論文を読み直す
もう一度、論文を読み直して下さい。
初めて論文を読んだときよりも、ズッと理解しやすくなっていることでしょう。
これを繰り返すだけです。
単に論文を読むだけではなく、この作業を意識して論文を読んでみてください。
驚くほど効果がでることでしょう。

■最後に
最後まで、お読みいただきありがとうございました。
このサイトはは、情報処理技術者試験の論文試験についてのサイトです。
事前に準備ができれば、経験がなくても論文書けます。
(そのためのノウハウは、いま現在、纏めている最中です)
しかし、忙しいエンジニアには、その準備をする時間がとれないんです。
昇格で苦しんでいる人、報償金目当ての人、等々に、このノウハウが、少しでも役
立てばと思っています。

情報処理技術者試験
情報処理技術者試験の論文対策の概略
論文対策で省略できる作業はなにか
情報処理試験対策の各手順の具体的方法

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加